2017年4月14日金曜日

【昔も今もカスタムの定番】

ベガス3号ショールームです♪



今日の主役はFLTRXをお買い求めいただき、さらに相当量の
カスタムオーダーをいただきましたWオーナー様。

納車式のブログがたしかとってもシンプルでしたので
今日はその代わりのスペシャルバージョンにて(笑)


まず、全体像を見渡して解るのが“フォルムの低さ”。
つまり、ローダウンですね。


“ローダウン”は今も昔も、バイクもクルマも、
カスタムの定番。

車体を地面に近づける飽くなき欲求は
特殊なサスペンションの使用やホイール径の
変更にまで行き着きます。


今回そのローダウンに対しWオーナーが求めたテーマが、
『性能面重視型ローダウン化』。


つまりローダウンと同時に前後サスペンションの
チューンナップを行ったワケですね。

チョイスしたブランドは前後サスペンション共に
サンダンストラックテック。

フロントフォークはブランドが指定する通り、
インナーチューブカットにてローダウン
しております。


 
『いかにも攻めそうなカンジ』
的な見た目も魅力のトラックテックリアサス。

ツアラーは“チラ見せ”という大人の真骨頂が
楽しめるワケですね。ハイ。

そして、その他カスタムポイントが多数あるわけですが、、

最近オーダーいただいたポイントが、


KLOCK WERKS 製 ハンドル交換。


ブランドパーツの風格がココにも。


ハードコアなオーナーと、
“変態的”との異名をとるビルダー鷲尾が
悪巧みして選ぶ部品はやはり個性的。

そして、もうひとつが
ウィンドシールド。



オーナーいわく、
『風向きが変わった。』


その他、せっかくなので最初はフルノーマルから
スタートしオーダーいただいた数々のカスタムポイントを!


ホイールはPM。
譲れませんねぇ。



PMは組み合わせでセンスが問われる。
キャリパーからローターまで
さすがのセットアップ。


当たり前だけど、ツアラーは左右必要!


そして、スマートにシェイプされたシートは
アイデアカスタム。


見た目もシャープ。

かつ、足つきがUP。


そして、これも高くてなかなか見ることのないエキゾースト。
『D&D』


連結部の雰囲気が独特。


エキゾーストノートを口頭で表現することって
昔から難しいと思ってきましたが、
強いて表現するなら
『普通じゃない音』。


これもひと工夫。
PMもエンドキャップで手抜きのないオシャレ。


最近ツアラーの引き合いが増えてきたかも。。


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿