2017年8月29日火曜日

【隠しネタのコーナー(PART2)】

PART2と聞くと『もしかしてPART2』を思い出してしまうなんて言うと年齢がバレてしまいますね♪

さて、さて。


今日ご紹介するのは、コチラもカスタムが
まとまりつつあるOオーナーのFXDL1584cc! 


ちょっと前に本ブログにてご紹介したFLSTC1584cc
Iオーナーとはご友人。しかもほぼ同時期に
ご契約いただいたご縁でございます。

そういう意味でPART2。
もしかしてではないです。

さて、本題

Oオーナーのローライダー、そのカスタムポイントは印象度が大きいブランドパーツを上手にアクセントとして散りばめている点とダイナらしい“走り”を意識したカスタムを施していること。


『タイフーンエアクリーナー』
見た目の良さも去ることながら、
高い吸気効率を誇るパフォーマンスパーツ。





まだお目にかかることの少ない、
『レッドサンダー』!


クラブではロングツーリングも多いことから
ご注文いただいた『K&H』カスタムシート。


アクセントが効いてます。
RSDブランド。


ローライダーはインジケータ移設とライザー変更を
することで個性が高まりますね。



そして、走りを極めつける、
『前後トラックテック』。



仲間同士で走りだけでなく、クールなカスタムも高め合う。ハーレーならではのステキなご関係♥と思います。ハイ。

さて、さて、今日は隠しネタのコーナーと言いながら、新規でご購入いただいき納車させていただいたお客様の記事も実は何本も隠し持っております・・m(_)m。順次ご紹介させていただきますね☆


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月27日日曜日

【楽しんでいただければ】

日曜日のベガス3号ショールームです♪


一角をアウトドア風味にリレイアウトした
ベガス3号ショールーム。

本日は少し暑さもやわらぎ、またツーリングキャンプ情報募集ブログも影響してか、多数のご来店をいただきました♪

都市部の街乗りは暑いけれども、高原や山地でのキャンプを予定している♪なんてお客様が多かったデス。お客様それぞれの楽しみ方や工夫もちょこっとずつお伺いしたのでまとまってきたらUPしますね!

そんな中、キャンプ帰りでご来店いただいたFXDL Oオーナーサマ。


シッシーバーを利用したコンパクトな
積載を拝見いたしました。


【寝心地の良さそうなマット♥】

この積載のポイントは縦長のシッシーバーの形状を
うまく利用した縦方向の積載。


【美味しいお酒が味わえそうなマグカップですね♪】

オイル交換の待ち時間にお伺いしたお話ですが、Oオーナーの仲間内でのキャンプは野営場現地集合も多いそうです。たしかに!現地集合ならば住んでいる場所が異なった仲間が集まるには都合がよろしいですよね!場合によっては起きられる時間も人によって違うかもしれないし、とにかく自由度UPは間違いないでしょう。


さて、まだ、ツーリングキャンプをやりたいけど一人で行くのは不安だし、なんだか敷居が高いとお思いの方々!


ファーストキャンプとしてこのイベントに行ってみては?
去年の同イベントは当店のお客様も多数行かれたようですヨ。

☟コチラに去年の画像がたくさん載ってました。




ところで、タイムリーに
アウトドア風味にしたベガス3号の一角では、


キャンプのくつろぎイメージを
疑似体験いただきました。感想は、、
『あ〜 キャンプ行きたいですね!』

・・なるほど、こういう利用法もあったのか!

おしまい


ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

2017年8月25日金曜日

【模様替え】

ベガス3号ショールームです♪

連日キャンプにまつわる記事を書きましたが、まもなく絶好のシーズンであることは間違いありませんよね!



トップシーズンに向けての特選ハーレー新入荷にともないショールームは模様替え。
“トップシーズンを楽しむ“をテーマにしてみました(笑)
(ほんのりスポーツオー●リティさん的な雰囲気になったかも)


さて、今週末ツーリングやキャンプ計画のご相談や、これからハーレーGET!なんてお客様、ぜひベガス3号ショールームに遊びに来てください♪


夏場のオーバーヒート対策商品、
ルーカスオイルも2日連続の追加入荷!
イベントにも備えたいですね♪

ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

2017年8月24日木曜日

【ツーリングキャンプを楽しもう(第2話)】

自然と連載モノになりました(笑)
のこのコーナー。

前回ブログでお客様への情報提供をお願いいたしましたが・・。
さすがに1日では集まりませんでした(;_;)

ので自力でなんとかしてみます!


本題は『キャンプ道具』について。

前回ブログでも触れましたがツーリングキャンプはバイクに積むことが前提なので、コンパクトで軽量な道具が好まれます。その点から登山でのキャンプとも相通ずる点がございますが、ハーレーというバイク、例えチョッパーでもキャリアやサドルバッグ、シッシーバーなどの積載装備品や、また工夫の仕方によっては相当量な道具を積むことが可能です。

ということでお話は膨らんでいきますが、今日は多数積載するキャンプ道具の一部を紹介いたします。


まずはコチラ。
巾着にくるまれた植木鉢みたいですが・・


中身は『クッカー』。めっちゃコンパクトですが、
その名の通り、コレとバーナーなどの熱源があれば、
焼く、煮る、茹でる、米を炊く、など全ての
調理をすることができます!


このセットの中の空洞を利用しバーナーを
入れている方もいらっしゃいますが、私の場合、
こういった小物類をマトリョーシカ状態で入れてます。

ピンクのフタのカップは魔法瓶で有名なサーモスの『缶ビール保冷カップ』で、
昭和時代の中華料理屋の瓶ビールくらいキンッキンに冷えた状態を長時間
キープする魔法のカップです。なんでこの配色?と思うかもしれませんが、
なぜかこのカラーだけが安かった・・。



続いてテント。
いわゆるドーム型テントですがこのコンパクトさ。
結構、同モデルを使用しているユーザーも多い定番テント。
重さも4kg程度と軽量なこともGood。



最後はちっちゃなこの黒いポーチ。

 

もうお判りでしょう。
やりだすとハマってしまって時が経つことさえ忘れてしまう、
『焚き火台』。

右の丸い網らはバーナーの火を遠赤に変えて焼き物を焼く、焼き網です。焼き焼き。


組み立てるとこんな感じ。
コンパクトさを優先してコレを使ってますが、
商品的には炭火台だそうです。

炭火を入れて網を載せればコンロになるんですね。
あまり機会は少ないけど、和牛を焼けば専門店越えを果たします。
(これでチキンナゲットを焼くと美味いです) 

しかし、最近、お客様とお話をさせていただくと、これからツーリングキャンプを始めたいという声をよくよく耳にします。ぜひぜひ楽しんでいただき感想もお聞かせください♪



と、タイムリー!
今月号のバイク人もこのテーマ。
(コレはお客様情報&借り物。)

ご参考にしてみては?!


と、さらに!

ベガス各店にて好評立ち読み中、『バイブズ』のバックナンバーに
当店のお客様が登場していたのでバッチリ拝借を!

今回のテーマにドンピシャ、コダワリのキャンプ道具特集ページでした。




しかし、両オーナーともに普段はこんなに素晴らしい笑顔は見せてくれません。
キャンプがそれだけ楽しいモノなのだというコトは間違いありません。


次回は、そんなキャンプ道具をどうやってバイクに積むのか?特集か、その前にキャリア&シッシーバー特集か・・。かなり安定したネタにありつけました(笑)



ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

2017年8月22日火曜日

【ツーリングキャンプを楽しもう♪】

予告通りのこのネタ。



ハーレーとキャンプは太古よりジャージ上下のように仲睦まじい存在。

テントや調理器具をバイクに積み込んで、山々のワインディングルートを駆け巡り、たどり着いた地でチェアに身を預ける。

『乾杯』


もちろん一人きりのソロキャンプでも変わらることのない儀礼。

完全に忘れ去っていた山々のみが与える静寂の中、自然の音に耳を傾けつつ煽るウィスキーは格別この上ない。



・・なんて、どこかで聞いたようなキャッチコピーが現実となるんです!!♪
ホントにステキ☆
ウィスキーじゃなくてもいいんですが、この一杯がたまらないんですよね〜。

まだピンときてない方。
コレはやらなきゃ解りません。


ツーリングを含めたアウトドアは確かに天候に左右されます。
でも、それも醍醐味。
荒天には注意が必要ですが、晴れた夜は満天の星空が楽しめ、山であれば時折発生する霧景色を楽しんだり、朝靄の中朝食を食べたりと刻刻と移りゆく自然を感じられますし、雨に日にだって楽しみがあります。




標高の高い地では高山植物を間近で眺められます。


そして!限られた道具でクッキング♪
何を食べても美味いモノです!

私のオススメは『チキンナゲットソテー』
串で刺して焚き火で素焼きにしてもOK!

焼いて食べるだけで
マッ●を軽く超えます。

最近、ソースのトレンドはタルタルソースです。


【ひと手間をたのしむ♥】
コーヒーもインスタントやセブン全盛の世の中。
山奥でハンドミルしてドリップしちゃえば・・。
全てが最高としか言いようがありません♪


【焚き火は最高にハマる遊び道具】

いわゆる火遊びのオトナ版なのでしょうか?
何が楽しいってこれがなきゃダメなんです!

夏でも山岳エリアの朝夕は冷えます。
実用面としても真夏でも焚き火台の用意は必須ですね。


そして、最近ではゴージャスなキャンプ道具を多用したキャンプが一種の流行りと化しているそうですが、バイクに積載できる道具の量には制約があります。


限られた道具でいかに快適性と楽しみを得るかは各バイクキャンパーの腕の見せどころ。そんな1回ごとキャンプを重ねることでキャンパーとしての経験値が上がっていくところもツーリングキャンプでしか味わうことのできないた楽しみですよね。

【キャンプ道具にはカスタムやワンオフも?】
当店のお客様にはツーリングキャンプをこよなく愛する方々が大勢いらっしゃいますが、中にはテントをカスタムしちゃったり、ワンオフ道具をつくったりと男のコダワリ道具で楽しんでいる強者もおります。そんな道具を楽しむこともひとつと言えましょう。

・・次回はキャンプ道具編にしてみましょうか。
(上手いことネタにありついた感もありますが・・)

お客様のこだわりを週末のベガスで是非教えてくださいな。楽しいベガスブログのために(笑)


ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

2017年8月20日日曜日

【夏を涼しく楽しもう♪】


夏は暑いからなかなかバイクに乗れない・・。

なんて方!夏はヤッパリ絶好のシーズンですよ♪

夏を快適にバイクで楽しむキーワードは・・。
『標高1000M以上』!!

それっていったいドコよ?!
という方のために
あるんですよ。
『標高がわかるWeb地図』
なるものが!


国土地理院 標高がわかるWeb地図

http://maps.gsi.go.jp/#11/36.454703/138.720932/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

『避暑地としてもツーリング先としてもメジャーな軽井沢付近はやっぱり標高1000Mより高いんだ〜。』
なんて、夏のツーリングコースを選んでみるのも楽しくありませんか?

なぜ、標高が高い場所を選ぶか?
モチロン、涼しいからです♪

日帰りツーリングでも、キャンプでも、バイクで走っているときはジャケットを着たほうがいいくらい涼しいんですよ。

是非楽しんでみてください♪

山を走ってキャンプ・・。
やっぱりいいんだな〜。これが。

そしてキャンプをすると新たな発見とともに新たな道具への物欲が・・!

次回はキャンプの記事にしましょうかね。


 ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月19日土曜日

【新入荷情報!!】

いつものこのコーナー、
今日はいつもと違う・・。

“ESR(Evo Sport Rigid)”入荷!!


しかもワンオーナー!
新車より走行距離は2400km、
最後のチャンスか?!

日曜日のベガス3号にもう並んでおります!

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月17日木曜日

【夏休み明け営業日♥】

ベガス3号ショールームです♪

水曜定休日明けの本日、ベガス全店全開営業中デス!

まだ、夏休みの方もいらしゃるのでは?



夏休みはまだとおっしゃっていたFLHTCUのSサマ。
とある出来事からリア周りがチョッパーとなっておりますが、キャンパーの知恵が追加されておりました。気をつけてくださいネ!



コチラはマジなチョッパーです。N・男塾サマ。
夏休みは満喫できたのでしょうか?
積載する意気込みが感じられますね。

さて、夏休み終わっちゃった方も、これからの方も、ぜひベガスで旅の思い出を語りに来てくださいね♪(要イカしたキャンプ場情報求む)


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 


2017年8月13日日曜日

【夏期休業日のお知らせ(再掲載)】

ベガスモーターサイクルズ全店、夏季休業日のお知らせをいたします。
※月初にお知らせいたしましたが、同内容を再掲載しております。

8/14(月) 夏期休業日
8/15(火) 夏期休業日
8/16(水) 定休日

8/17(木)より通常営業、
その他毎週水曜日が定休日となります。


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月12日土曜日

【レッカーサービス加入のご確認を】

連休真っ只中のベガス3号ショールームです♪

本日は連休もこれからが本番!という多数のお客様のご来店がありました。

また、すでにお出かけいただいいるお客様の出先からのレッカー入庫もちらほら。

そこで!お出かけ前に今一度レッカー加入のご確認を。


ホームページ ☛ https://zuttoride.jp/

ズットライドクラブ(旧名称JBRレッカー)は業界ナンバー1シェアを誇り当店でも高い加入率のレッカーサービスです。

急なトラブルに備え、ぜひツーリング前のご加入をオススメいたします。

万が一のレッカー要請、会員のお客様は・・
0120-819-024

尚ベガス全店の夏期休業日は、8/14(月)~8/16(水)となっております。

皆様、夏休みを気をつけて楽しんで来てくださいね!


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月11日金曜日

【バイブズ9月号入荷!】



表紙もバッチリ♥

立ち読みオンリー。
連休前半はベガスで読書。カモン!


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月10日木曜日

【はじめての納車♥】

ベガス3号ショールームです♪

ちょっと貯めておりました!
【はじめての納車コーナー】


初ハーレーとしてオーナーにお選びいただいたマシンは
FXDL 1584cc!

ヤッパリ超人気ですね。
高年式ローライダー。

乗りやすさと安全性を高めるため
ローダウンとエンジンガード取付を施しました!

これからのカスタムが楽しみな予感ですね!

さて、まだまだお探しの方も多いハズの
ローライダー、新入荷予定がありますので
追ってご案内いたしますね♪

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

2017年8月7日月曜日

【とっておきのローライダー☆】

ベガス3号ショールームです☆

“ついに完成”【FXDL ダイナ・ローライダー1450ccキャブレターモデル】を当ブログ車輌情報&Gooバイクに掲載いたしました☆

なにしろ手塩にかけ仕上げた当店ライトカスタム車ですので特大版でご案内♪



名車FXSローライダーを彷彿させるシルバーペイントはベガスオリジナルNEWカスタムペイント。しかもツインカムモデルによりマッチするように、決してレプリカペイントでないオリジナル調色となっております。


ベースとなる車輌状態が美車であることもあり、かっちりとした仕上がりの印象は出来立ての雰囲気満点。


独特の鼓動感が楽しめるTC88キャブレターモデル。
エンジンコンディションは極めて良好。
さらにキャブセッティングも含めた納車整備を施してのお渡しですから安心ですね!





ローライダーとは抜群に相性の良いドラッグバーハンドルを新規カスタム済み。
さりげなさが新しくも感じます。


キレイな立体感を持つタックロールK&Qダブルシート。
実は当車輌のためのニューオーダー品。
気分が盛り上がりますね♪



小気味良く、そしてハーレーらしい低音が心地よい、
SEスリップオンマフラーをセレクト。



エンジンフィンの輝度は中古車コンディションを見極めるポイント。
綺麗なフィンがしっかり立っています。



さらにもうひとつのポイント。
アルミパーツの輝度ですね。
一見クロームと見間違えてしまうほどのグッドコンディション。







あえて純正部を残すことでストックバイクの良さをアクセントとしてプラス。




“130”
このリアタイヤサイズこそがショベル-エヴォリューションと受け継がれてきたローライダーの血統と言えましょう!


コチラも同様に、ショベル時代より忠実に受け継がれた黒いメーターダッシュ。
あらためて意識を高めて見るとまるで戦闘機のような機械的な印象を与えます。



直射日光を受けると・・
高輝度のパールペイントが立体的に煌きます。




今シーズン、ぜひこのマシンで長旅に出かけてみませんか?

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322