2018年1月23日火曜日

【雪景色】

やっぱり降っちゃいましたね。
積もっちゃいましたね。


画像はベガス本店近所の某公園。
キッズが楽しそうに走り回っていました☆

コチラベガス3号ショールームも朝から雪かきやらに追われましたが、今朝ほどからの陽気に助けられ午前中には復旧完了。明日水曜日は定休日ですので定休日明けのご来店をお待ちしております☆


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月20日土曜日

【エアバッグジャケット】



ベガスフリークならば一度は聞いたことがありますでしょう?♪
『ヒットエアー』エアバッグジャケット。

万が一の際に我々ライダーを衝撃から守る“着るエアバッグ”です。

日本国内では白バイ隊のユニフォームとして正式採用されていることは有名。また、当店ベガススタッフのユニフォームとしても採用しております。

☟ヒットエアー販売元 無限電光ホームページ☟

このヒットエアー、最近新たに着る方が増えています♪



当店ではリリース当初より販売させていただいておりますが、近年は文頭の画像のようにスタイリッシュにリデザインされたモデルもリリースされ、より気軽に着こなせるようになりました。

あらためてヒットエアーのご紹介を!


画像は、お気に入りのウェアにさらっと羽織ることで年間を通して使用が可能なハーネスタイプ、『MLV-C←クリックで何色がいいかな~?全5カラー
重さは1.05kgと軽量で、バイク用ジャケットや私が普段愛用するマウンテンジャケットなどにもさらっと羽織ることができます。


その仕組みは、内蔵しているCO2ボンベとオートバイとを専用ハーネスで繋ぎ、万が一の際に約30kgの力がかかるとボンベのトリガーが外れ、約0.25秒という瞬間でエアバッグが展開し、首、胸、脇、背中、尻各部に対しての衝撃を緩和するという構造。

☟ヒットエアーもっと詳しく!☟



エアバッグの作動に必要な機構がこのCO2(炭酸ガス)ボンベ。


専用ハーネスが約30kgの力で引っ張ることで画像のボール部(トリガー)が抜ける構造。


専用ハーネスはバイクの右側シートフレーム部などに固定しワンタッチで脱着が可能。カール状になっている部分により降車時に外し忘れても間違って作動することがありません。

安全意識の高さというカッコ良さ、ぜひ着てみてください♪
ベガス全店にて好評受注中。

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月19日金曜日

【ハーレーFLSTSBクロスボーンズ入荷!!】

目玉車輌が入荷いたしました♪
ハーレー FLSTSB ソフテイルクロスボーンズ!


半ばレジェンドと化した歴代スプリンガーモデルの最終型!!
Red Shift525HSハイカム&ディレクトリンクを用いたマニュアルチューニング済み!
当店によるメンテナンス履歴書もバッチリ。



当時この純正ペイントの魅力から当モデルを購入したお客様も。

クイズ:この純正ペイントをデザインした人の名は?
ヒント:答えがイラストに書いてあります(笑)

このチャンスを手にするのは!?

☟詳しくはコチラでチェックを!!☟

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月18日木曜日

【☆はじめての納車☆】

ベガス3号ショールームです♪


本日は、初バイクとして人気高騰中のFLD ダイナスイッチバック1584ccをお選びいただいたNオーナーにクローズアップ!

とってもいい顔が撮れました!
満面のスマイル♪

全モデル絶版化にて中古車需要が高まるダイナモデルの中でも歴代唯一となるFLスタイルの本機。

【FLスタイルとは?!】
ショベルヘッド時代の『FLH』のようにどっしりとしたフォルムを持つクルーザースタイルハーレーの名称のひとつ。ウィンドスクリーンやサドルケースのどの装備品、そしてフロアーボード(足を置く板状のステップ)、豪華で重厚感の高いヘッドライトナセルや太い前後クラシックホイール(タイヤ)などのディテールが特徴。


ハリウッド映画でお馴染みの『ウルヴァリン』でヒュージャックマンが乗り回していたハーレーがショベルヘッドのFLHのカスタム車。フロントカウルなどのノーマルの外装を剥がしてカスタムされていることからそのスタイルを『ストリップ』とも指す。




対するFXダイナは、FXDLローライダーやFXDWGダイナワイドグライドのようにスポーティまたはチョッパースタイルであるためFLスタイルとは一線を画する。FLDスイッチバックの魅力はFLクルーザースタイルとしての快適性とダイナフレーム独自の軽快さ、そしてラバーマウントエンジンであるダイナフレームのハーーレーらしい鼓動感。標準装備品のウィンドシールドとサドルバッグはなんとクイック脱着式。ワンタッチで取り外せ、取り外した状態(ストリップ)での走行も可能!

さて!
記念撮影と詳細な納車説明も完了しいよいよ出発の瞬間!!


先頭を走るのは、今回Nサマをご紹介いただいたMサマ。
エヴォリューションのFLSTCが激シブ!ベテランの風格が
プンプン漂っていますね!
Mサマも素晴らしい笑顔♪

元気を分けもらいます☆


後につづくNサマもヤッパリいい笑顔♪
これから九十九里 海鮮&温泉ツアーだとか?!

楽しんできてくださいね♪

また、近々お店にも遊びにきてください☆


ところで!『FLDスイッチバックいいな~。』とお思いになった貴方!
実は入荷いたしました!

☟詳しくはコチラでチェックを!!☟


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月15日月曜日

【マグナフロー?】

今日は久々にパーツネタです。
しかも新しモノの。



マグナフローBANDIT 2-INTO-2エキゾーストが到着!
私にとっては初対面。

マフラーのカッコ良さも然ることながら、注目したいのがこのパッケージ。
梱包状態としても申し分はありませんが、トイザラスの商品棚に並んででそうなPOPなカンジじゃありませんか?その点も☆☆☆☆☆評価!



バンスとは違ったアクセントも効いてますネ。

これはクロムですが装着図。
バンスショートショッツがありきたりだと感じる方にもオススメできるかな。



コチラはお馴染みのPM。
コレもなんだか愛を感じるパッケージデザイン!
Newリリースのパーツはパッケージも魅力的☆

気になる中身は・・

ウーン、カッチョエ~ッ!
これはスタートレック的と表現したい!しかもエイブラムス監督版の。
私的にはツボなデザインです。

そして、上記2点のアイテムに欠かせないモノ、モチロンそれは・・


サンダーMAX!!
以前のブログでも触れましたが新機構“WAVE TUNE”搭載の新型サンダーMAXは解析&フィードバック速度と精度が大幅に向上したさらに頼もしくなったインジェクションコントローラー。チューニングによる不具合も当店では皆無の定番アイテムです♪

さて、さて、完成が楽しみですね♪


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月13日土曜日

【☆新入荷情報☆】

本日はとっておきの1台をご紹介♪


H-D XL883R ベガスオリジナルボバー
2003年式

細部まで徹底的にブラックアウトされたヴィンテージライクなボバースタイルが漆黒の異彩を放ちます!
製作は全てmade by Vegas。

同型シリーズは本機を含め2台製作され、本機がその初号機。
量産できない手の込んだカスタム車ですので気になった方は迅速なアクセスを!


2.3GNEWタンクにほどこした純正デカール。モチロンVegasオリジナルカスタムペイント。


ロッカーカバーやプッシュロッドカバーまで徹底的にブラックアウトされたエンジンはまさしく他のモデルとは一線を画す異彩を放ちます。


漆黒の闇に浮かぶ真っ赤なプラグコードをアクセントとしたイグニッションコイルやスイッチのリロケーションもギミックを効かせてあります。


一気にボバーライクな印象を高めるミッドハイバーにはNEWパーツのグリメカブレーキマスターや各種ケーブル&ホース、オールドタイプのレバー類を採用。


極めつけはやっぱり配線中通しのスッキリ感。



ミニメーター内に覗く走行距離は『672キロ』。
これはカスタム後のリリースから実走行距離。キレイなワケです。


シンプルな配線埋め込みスイッチ。
左手はウィンカー&ホーン、そして右手はセルスターター。


定評の高いイモビライザー、メタシステムはうれしい残留物。
新品では手に入らないシロモノです。

さて、冒頭でも申し上げましたがなかなか代わりが効かない入荷車です。

早めのアクセスが吉!

☟車輌情報はコチラ☟

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190


2018年1月11日木曜日

【プチ“ラーツー”】

昨日は水曜定休日。

夕方から急に通いだしたギター教室の初日スケジュールが入っていたので、午前中に短距離でしたがお決まりの『ラーツー』に行ってきました。

ちょっと前の当ブログでラーツー情報求む!のレスをFLSTCのIオーナーにいくつかいただいたからデス。

私の場合のラーツー条件は今のところ、
折角バイクでいくのだから最低40~50kmくらいは走りたい。
もともと郊外好きのカッペー魂なのでオノボリはしない。
性格的に並んでまで食べる気は起きない。

で訪れた銘店は、



趣きのある看板は超癒し系♥
茨城県龍ケ崎市の『ラーメンいっとく』


コレが私にはツボでした。無論見逃しません。
いわゆる流行りのチェーン店にはない個性。


これがお目当ての品。

ノーマルのラーメン比3倍のチャーシューが
乗っている当商品はチャーシューメン。
ではなく、
ラッキーラーメン。

なぜ!?

見た目は次郎インスパイヤですが、
実は超あっさり。
どうやらチャーシューがウリらしくもちろんバッチリ。
食べて納得、

「これはラッキーだわ」

つづく

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月8日月曜日

【冬を楽しまなきゃ】


いつもお世話になってマス。
今日はいつものチームメンバー3名で
伊豆一泊ツーリングの帰り道だとか。

冬でも目一杯ツーリングを楽しめるのは
関東ライダーたちの特権。

ツーリングを重ねる旅に走りの上達を
感じられるのもオートバイの楽しみ。

中でもFLSのSオーナー(左)は仲間内でも信じられない速度でワインディングをこなすようになっているとか。

Sオーナーには峠を速くはしるヒミツがあるのだそう・・。

そして翌日。
そんな前置きがあってか無くてか、
FLSTCのIオーナー(中)は納車後1年経過にて初の前後タイヤ交換にてご来店。



選んだタイヤは・・、
誇らしげに輝いて見える
『石橋』のロゴ。


近年新発売の『H50』!
オンロードタイヤとしてグリップ性能の高さに定評が高いメーカーなのでパターンもそんな目で見てしまいますね。H50はブリジストンのタイヤの中でもハーレーなど重量級クルーザーにターゲットを絞った耐荷重指数とライフの長さとグリップ性能の高さを掲げたハーレーには夢のようなキャッチフレーズのタイヤ。

まだ比較的装着率が少ないタイヤですのでインプレッションをお願いしますね♪

そうそう、Sサマだけではありませんが、冬場の峠道は場所によって陰った場所が凍っていたりして転倒のリスクがあります。

特に気温の低い日、雨や雪の翌日、山間コースなどは細心の注意にて楽しんでくださいね♪

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月6日土曜日

【兄弟タンデム♥】

ベガス3号ショールームです♪

新年明けましておめでとうございます!

新年のベガス3号は営業開始を待っていただいていたかのような賑わいでたくさんのお客様にご来店いただいておりますm(_)m

さて、さて、そんな営業中よく見覚えのある真っ赤なハーレーが勢いよく登場!
ツアラーオーナーとしては希少な女子オーナーであるNサマのロードキング!!・・、

と思いきや!


なんと!私だけはビックリ☆でも納得の
同じく当店でお買い上げのチョッパーを長らくご愛用のKサマとのタンデムで登場!

納得の理由は、お二人は兄弟♥

なんと今日は初の兄弟タンデムとのこと。

オトナになっても仲良しのご兄弟はとっても魅力的に感じました♪

今年はぜひ兄弟ツーリングが実現するようにお手伝いしたいなぁ☆
ということで、Nサマ。ツーリングを目指し、高速道路を150キロくらいの距離走れることと峠道をマイペースで走れるように無理せず準備しておいてくださいね♪

あ、モチロン兄弟タンデムも歓迎!

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

2018年1月4日木曜日

【新年営業開始】



ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322